自社サイトの運営にお困りの方│Googleアナリティクスの活用法

三人のスーツ男性

サイト運営の質の上げ方

パソコン

自社サイトの運営が上手くいっていない方は、Googleアナリティクスを導入することをおすすめします。それ利用することで、自社に求められているサービスやサイトの改善点、要望などを理解することが可能になります。

Read More

滞在時間をチェックしよう

マウス

Googleアナリティクスの効率の悪い使い方をしている企業があります。アクセス数は売上に直結しない可能性があるので、サイトへの滞在時間と比較して、きちんとサイトを閲覧している来訪者を見極めることが大切です。

Read More

機能の意味を知っておこう

社内

会社が運営している公式サイトは、Googleアナリティクスを利用することで、さらに売上を伸ばすことができます。しかし、このGoogleのサービスは、初心者には使いこなすのが難しいとされています。Googleアナリティクスには様々な機能がありますが、全ての機能を最初から使いこなすのは困難です。機能が複雑で面倒に思う人もいるかもしれません。基本的な機能を理解するだけで、Googleアナリティクスを使いこなすモチベーションに繋がると考えられます。たとえば、サマリーと言われる機能があります。サマリーは一言で言えば、自分のサイトにアクセスする直前、どのようなページから飛んできたのかを知ることができます。また、自社サイトのどのページにアクセスしたのかを理解することも可能です。サマリーの中にはいくつか細かい項目があり、ここで来訪者の詳細を見ることができるのです。他にもセッションという訪問者数を確認する項目があります。セッションとユーザーの違いがあまり理解できない方もいるかもしれません。実は、訪問数と訪問者数は明確に分ける必要があります。なぜなら、同じ訪問者が何度もそのサイトを訪問している可能性があるからです。同一人物がその時間帯に何度か訪問すると訪問数は伸びますが、訪問者数は1度カウントされた後は変化しないのです。このように、同一人物による複数のアクセスを単純な訪問数で捉えると、その数は膨大になってしまいます。アクセスの実態を解明するため訪問数であるセッションと、訪問者数であるユーザーは分ける必要があるのです。このように、Googleアナリティクスの機能は一つ一つに意味があるので、それ理解して使いこなすことが大切になります。

コンバージョンを明確に

男性とパソコン

企業によってGoogleアナリティクスにおけるコンバージョンは異なります。ネットショッピングなら顧客に決済させること、エステサロンなら来店前に予約させることがそれに当たります。サイトの施策はそれを目標に据えることが大切です。

Read More