自社サイトの運営にお困りの方│Googleアナリティクスの活用法

男女

滞在時間をチェックしよう

マウス

企業の宣伝がきちんと効果をもたらしているかを確認するため、Googleアナリティクスを使用している会社は多いと思います。しかし、なんとなく話題のGoogleアナリティクスを導入しているだけで、上手くデータを活用できていない企業もあるようです。アクセス解析ツールは、効率的に使ってこそ、効果を発揮するものです。したがって、きちんとした活用法を知っておく必要があります。たとえば、Googleアナリティクスにはその日時に、どれほどのアクセス数があったのかを調べることが可能です。しかし、アクセス数が多いからといって、きちんと宣伝ができているとは限りません。失敗した活用例でありがちなのが、このようなアクセス数と宣伝効果を比例して考えることです。この場合、Googleアナリティクスの機能を活用して、サイトにおける滞在時間をきちんと確認することが重要になります。来訪者が多くても、一人一人の滞在時間が短ければ意味がありません。1分以内の滞在時間が継続するのであれば、それはきちんとサイトを閲覧したとは言えないからです。そのようなアクセスが連続している状態は、企業の名前を売るという点では成功かもしれません。しかし、大きな売上を伸ばす効果的な宣伝になり得ません。このような状態が続いた場合、サイトにたどり着くまでは問題がないと言えます。たどり着いた後できるだけ滞在してもらうため、サイトを改良する必要があります。サイトの内容が魅力的に改善できれば、それだけ来訪者が滞在する時間は伸びていくでしょう。その結果、企業の売上は伸びていくと考えられます。