自社サイトの運営にお困りの方│Googleアナリティクスの活用法

男女

コンバージョンを明確に

男性とパソコン

企業の中にはGoogleアナリティクスを利用して、企業の売上を伸ばしていこうとWEBマーケティングに力を入れている会社もあります。しかし、最終的なコンバージョンは企業によって異なります。それぞれ企業によって目指す目標は違うので、闇雲にアクセス数の増加を求めたり、滞在時間を伸ばすだけでは思ったほどの利益は得られないかもしれません。自分たちのコンバージョンを明確にして、Googleアナリティクスを使用していくことが大切です。たとえば、WEB広告で利益を得ている企業が最終的な目標にしていることは、顧客が自分たちのサイトを経由して商品を購入してくれることです。すなわち、顧客が決済することが、ネットショッピング会社のコンバージョンといえます。Googleアナリティクスを使用した様々な施策も、これに帰結しない限りはあまり意味がないといっても良いでしょう。アクセス数を稼いだところで、顧客が商品を買ってくれなければ意味がないため、それを目標に据えた企業努力が必要になるのです。また、美容室やマッサージ屋さんなど直接顧客と対面しなければいけない職種では、ネットでお金が支払われるわけではないので、基本的に来店してもらわなければなりません。顧客を確実に来店させる方法は、事前に予約してもらうことだといえます。ネット予約サービスを実施しているお店は多いので、このサービスをできるだけ利用してもらうことが、来店型のコンバージョンとなるのです。